注意!格安SIMにする上の絶対知っておきたいデメリット6つ

未分類

  • 格安SIMにしたいけど不安
  • デメリットが知りたい。
  • mvnoに変えて後悔したくない

格安SIMにして携帯代を安くしたいけどどんなデメリットがあるか不安と思っていませんか?

ここでは格安SIMにする上で絶対知っておきたいデメリットを6つお伝えします。逆にこれが問題なければすぐに格安SIMに変えましょう。

格安SIMにする上の絶対知っておきたいデメリット6つ

通信速度が遅い。

やはり大手キャリアと比べると通信速度は遅い。ただ実際使ってみてそこまでストレスに感じることはないですね。

でも私は今まで10種類の格安SIMを使ってきましたが、速度は会社によっても結構変わりました。

実は格安シム業者は大きく分けて、2種類あるのです。


それは直接大手キャリアからMVNEという業者を通して接続しているグループと、直接接続しているグループです

mvneという業者(IIJ,OCNなど)を通して接続している業者はちょっと遅いイメージです。MVNEとは簡単に言うと他のMVNO業者の支援をする会社なのです。MVNEを通して運営している会社は

・BIC SIM
・DMM mobile
・イオンモバイル
・exciteモバイル
・U-mobile
・LINEモバイル

など

逆にmvneを通さずに直接接続している業者は大手キャリアと体感としてはほとんど変わらないスピードでした。以下がmvneを通さずに接続している業者です。

・IIJmio
・OCNモバイルONE
・mineo
・BIGLOBEモバイル
・楽天モバイル
・UQモバイル
・nuroモバイル
・b-mobile  

など

この差は東京の杉並区在住の私が感じた体感ですし、MVNEを通している会社でも快適な会社ももちろんありますので、一番はちゃんと加入者数に応じて回線増強などをしているところが快適に使えるのでしょう。

ラインのID検索が行えなくなる

ラインの年齢認証ができなくなるのでID検索や、ラインのオープンチャットの検索の機能などが使えない。年齢認証の仕組みがキャリアのデータを使う仕組みなので使えないんです。唯一lineモバイルだけが年齢確認の対応しているので必要な人はLINEモバイル一択になるでしょう。

キャリアメールが使えなくなる。

当たり前ですが、キャリアの発行している、@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp

というメールは使えなくなります。メインのメールがキャリアメールの人はいろいろなところに登録していると思うので変更がめんどくさいかもしれません。

オススメはGmailですね、キャリア変わっても問題ないですし、どんな端末からでもアクセスできますし、やはり使いやすいデザインなのが一番の魅力です。

サポートが悪い(店頭で質問できない、そもそも店がない)

何かわからないことがあっても店がないし、店舗があっても契約専門だったりするので、大手キャリアのように質問に答えてくれるとは限りません。

基本的にネットでの対応か電話での対応になります。なのであまり慣れてない人は戸惑うかもしれません。

代替機の貸し出しがない

これは結構大きなデメリットです。主要なmvnoはオプションの端末保証に入っていれば代替機の貸し出しもだいたいありますが、入ってなければ初期不良でも基本的に代替機の貸し出しがないので、自分で用意できなければ端末が無い期間が出てしまうので悲惨です。

画面割るとかであれば気をつけていれば防げますが、初期不良はこっちでどうしようもないですので

解決策としておすすめは、スマホをamazonで購入することですね。
私は実際アマゾンでスマホを初期不良で交換したことがあるんですが、その時の対応が素晴らしかったです。初期不良をメールで伝えると、まず最初に新しいスマホが送られてきて、そのあと一月以内に初期不良のスマホを送り返してくれればいいという対応でした。手元に初期不良のスマホと新しいスマホがある期間が長いのでゆっくりデータ移行などもできるので安心です。

電話のかけ放題が無いか別料金

最近は人気の格安SIMはどこもかけ放題はありますが、5分かけ放題か10分かけ放題、もしくは一カ月60分までかけ放題。というものなので王手キャリアのようなどれだけ電話しても料金変わらないサービスというものは基本ありません。


ですがまたこれは唯一ワイモバイルだけはちょっと割高ですが王手キャリアと同じ無制限のかけ放題があります。大手キャリアの値段に比べたらかけ放題をつけても安くなるのでデメリットになるかはわかりませんが。

だいたいの人はオプションも最低限にして契約するのではないかと思うので、大手キャリアと同じ感覚でうっかり電話してしまうとちょっと料金上がってしまうので気をつけてください。

まとめ

以上が格安SIMにする上での主要なデメリットです。問題ない人は今すぐ変えても問題ないと思います。

さらに今回挙げたデメリットは今後さらに解消していく可能性は高いです。

最初はどこもかけ放題なんてなかったですし、LINEモバイルもなかったので年齢認証はどこでもできなかったですし、すでにこういったデメリットもだんだん解消されてきています。

格安SIM、格安スマホに変えるメリットはかなり大きいです。


端末の月賦が残ってて違約金もかかるという人でも、更新月を待つより今すぐやめたほうが長い目で見てお得になる人がほとんどです。


しかも大手キャリアの2年縛りの違約金が0円や、1000円になっていくのでさらに変更しやすいと思います。

今回は以上となります。

参考になれば嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました