格安SIMに乗り換えるベストなタイミングは月末?月初?違約金かかっても替えるべきか

未分類

よし格安SIMにかえるぞ!!

と思ったけど、じゃあどのタイミングで替えるのがベストかのかな?

月初か?月末か?せっかく節約するんだからここで損はしたくないな〜

こういった疑問にお答えします。

✅ 記事内容

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際のベストなタイミング

まだ縛りの期間だが、違約金を払ってまでえた方がいいのか?

お伝えします。

格安SIMに乗り換えるベストなタイミングは、月末?月初?

ずばり、月末です。

なぜならAU、DOCOMO、SoftBankの大手3大キャリアは料金の日割りができないからです。

格安SIM側も日割りがなくても、料金が圧倒的に安いので、無駄になる金額が少ないからです。

月初の解約とは解約する側の料金が無駄になる

月末の解約とは転入先の料金が無駄になる

例えば、解約が

月初だと、キャリア側8000円無駄になる。

月末だと、格安SIM側2000円が無駄になる。

ということなので

どちらかを選べということなので月末を選びますよね。

格安SIM側には初月無料や割引なども多いですが、
もともと大した金額ではないので、
無料期間がほとんど無くなってしまっても、問題ありません

あくまで言いたいことは、格安SIMに切り替えると決めたら一刻も早く変えた方がお得ということです。

月初の方がお得だと思って決して月を跨いだりしてしまわない様に!ということを伝えたいです。

解約金、違約金を払ってまですぐ替えた方がいいのか

すぐ替えた方がいいです

SoftBankは2019年9月13日から、docomo、AUは2019年10月1日から、

解約金が無料または解約金が1000円の新プランに移行できるようになったので、プランを移行して、一刻も早く替えた方がいいです。

docomoだけは注意が必要

ただしdocomoだけは注意です。

AU、SoftBankの場合、従来の契約をしている人も解約金や契約解除料などは発生せずに新プランに移行できるのですが、

ドコモだけは2019年9月30日以前に契約した人の場合、新プランに移行する場合9500円の契約解除料が必要

なのです!!!

なぜこんな中途半端な事するのか謎ですが仕方ありません。

ドコモでもすぐ替えた方がいい

ただし、そんなdocomoの人でも結局は大体の人は替えた方がいいです。笑

説明します。

例えば

docomoの「ギガライト」は7Gまで5980円です
楽天モバイルにした場合10GBにしても2960円です。

なので5980-2960=3020円

一月あたり3020円浮いてくるので、4ヶ月も使えば
3020x4=12080円

違約金の9500円を超えるくらい浮いてきます。

結論:解約金の負担のない更新月まで、4ヶ月以上ある場合は即替えた方がお得です。

超大容量の場合は格安SIMにしなくてもよくなってきている

実は大手3キャリアの新料金プランが始まって大容量の料金はかなりお得に使えるようになっています。

三大キャリアの大容量新料金プラン

docomo

30GB

月額料金6980円

SoftBank

50GB

基本使用料1,700円
ウェブ使用料300円
データ定額料7,000円
トータル月額料金9000円

AU

無制限

月額料金8980円

格安SIMの大容量プラン

会社名 20GB 30GB
mineo 4,680円 6,600円
BIGLOBE SIM 5,200円 7,450円
楽天モバイル 4,750円 6,150円

主要な格安SIM会社での大容量プランは30GBを超えると、大手3キャリアと料金の差がほとんどないので、わざわざ替えなくていいと思います

ただし、例外的に

U-mobile LTE使い放題プラン 無制限 2980円

という特殊なものもあります。これは使い放題なのに破格の値段です。

ですが評判を調べるとどうやら速度はかなり抑えられていたりするみたいなので、すこし思っていたものと違う可能性はあります。

結論:タイミングは思い立ったらすぐ替えるのが一番得な場合が多い

大容量プラン以外は圧倒的にお得なので一刻も早く替えるのがベストなタイミングだと結論に至りました。

今回は以上です

参考になったら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました